部屋探し程度は手伝わん

早く部屋探し終わらせ、眠りたい。「いつも、眠りを求めるわな」そりゃ、夢の中でこそほら、人は安らぎを得られる思う訳。

「別に皆が、そう思ってるとは」にしてもさぁ。「何?」部屋探しってさ。「うん」一人じゃ無理だよね。「また私のとこへ、住まわせろ?」

違げーよ、前回学んだ。やっぱ頼り切っちゃ駄目!「今さっき、弱音吐いたばかりなくせに」そーゆー話じゃありません。ともかく、一緒にやっべ!

「何を?」部屋探し。「自分でやれ」嫌―。「何故?」二人が住む場所よ?自分だけじゃ。「え?」ほら、お邪魔無理っつーから、じゃいっそ新居を。

「嫌」はぁ?「当たり前...、随分困ったちゃんだわなぁ」部屋探し位いーっしょ!「同棲すんのが不可能」えー...自分、家事やるっ!

「嘘吐け。全部こっち任せにすんのが、目に見える」じゃ全部うちがすれば、大丈夫?「うーん。困ったわね。そこまで言われちゃ」

ほらほら、可愛い女の子と同棲出来るよ?「何処にお得要素を見出す?」